各社の紫イぺエキス品質比較

一目でわかる、ナフトキノン類の含有量試験

紫イぺ(タヒボ)エキスやお茶を購入の方は、主にナフトキノン類の摂取を目的に購入されていると思います。ご自分が飲用している商品の含有量や本物か、または低品質、あるいは偽物かを調べてみましょう。

紫イぺ(タヒボ)有用成分含有量
弊社分析結果

紫イぺ(タヒボ)の最高品質はタベブイア属アベラネダエ種で                                                            (樹齢30年から70年もの=ごく稀にしか見つかりません)
その下に「タベブイア属インペディジノサ」、「タベブイア属ヘプタフィラ」です。                                この3種類が紫イぺ(タヒボ)と呼ばれています。
(1990年代後半から、紫イぺ(タヒボ)ではないタベブイア属の樹皮やエキス製品が多数流通している。その後さらに巧妙になり着色されたものが流通している)

最高品質のタベブイア・アベラネダエには、重要な成分の一つにナフトキノン類が複数含まれています。
このナフトキノン類という物質は非常に低分子で分子量は150から300以内のものが多いです。
重要:口から飲用し腸壁から吸収(通過)できるものは、分子量が500以下が適当であり、場合により1000に近いものでも吸収の可能性がある。
分子量が1000以上の物質、又は消化液や酵素で分解できないものは、そのまま体外に排出されます。
*一般的には分子量1000~1万を準高分子。分子量1万以上を高分子とされています。

グーグル検索→基礎知識ナフトキノン  ウィキペディア→ナフトキノン 抗真菌作用、抗腫瘍活性、細胞毒性

●ナフトキノン類は、「水に難溶」(水に溶けにくい)=熱水抽出では成分を抽出(取り出し)しにくい。熱水抽出は有効成分の抽出が著しく低い。
●熱アルコール(エタノール)やエーテル、クロロホルム、に「易溶」(容易に溶ける)=エタノール抽出は脂溶性のナフトキノン類を格段に抽出できる。
(脂溶性の成分は、アルコールや油に溶けやすいです。例、ビタミンなどにも脂溶性の成分が多いです)
このことから、紫イぺ(タヒボ)樹皮から抽出する場合は、必ず「エタノール抽出+熱水抽出」で成分を抽出することが非常に大事になってきます。

ナフトキノン類などの脂溶性成分(油に溶けやすい)が多く含有しているか、一般の方に解りやすくテストなどを踏まえ説明を致します。
重要:下記、写真を参考にされ、ご自分が飲んでいる紫イぺ(タヒボ)エキス製品の品質を自分で調べることができます。

*尚、アメリカ製のパウダルコなどの多くは、「樹皮を細かく粉砕し粉末にしたものをカプセルに詰めている」だけの商品が非常に多いです。
*アメリカ製:カプセルを外して樹皮粉末を水に入れ攪拌すると、僅かに溶けます。底に沈殿物が残りますが、この沈殿物は濃縮エキスではありません。

*細胞膜は脂質(油)でできています。なので水には溶けませんが、油に溶ける脂溶性成分は細胞膜を容易に通過(吸収)することができます。
その逆に水溶性の成分は、細胞膜を通過しにくいのです。(糖質=ブドウ糖など一部の成分は認識され細胞膜を通過できます。)

各社紫イぺ(タヒボ)エキス、水にてテスト
瓶に400mlの水。皿には各社の紫イぺエキス0.5グラム

ナスカルーツ
紫イぺ15倍濃縮表示
日本A社
有名会社:エッセンス表示
日本B社
8:1濃縮エキス表示
日本C社
紫イペ強力濃縮パウダー表示
各社の紫イぺ(タヒボ)エキスを0.5グラム瓶の水の中に入れる。
瓶を振って攪拌し撮影した。

1、ナスカルーツは水に溶けない脂溶性の成分が含まれている。                                                         *エタノール抽出(脂溶性)+熱水抽出(水溶性)。 
2、日本A社は完全に水に溶けている。 *熱水抽出(水溶性抽出)と考えられる。
3、日本B社は完全に水に溶けている。 *熱水抽出(水溶性抽出)と考えられる。
4、日本C社はほぼ水に溶けている。  *ほぼ熱水抽出(水溶性抽出)の可能性大。


攪拌10分後の瓶の底面を撮影。
ナスカルーツ
水に溶けない脂溶性成分が底の面に見える。
エタノール抽出+熱水抽出
日本A社
完全に水に溶けており
沈殿物はなし。
熱水抽出(水溶性抽出)
日本B社
完全に水に溶けており
沈殿物はなし。
熱水抽出(水溶性抽出)
日本C社
ほぼ水に溶けているが
底面真ん中にごく僅かに沈殿物あり。
熱水抽出・エタノール抽出=微妙

水に紫イぺ(タヒボ)エキスを入れて攪拌してから、24時間後の状態を撮影。

1、ナスカルーツは水に溶けない脂溶性の成分が含まれている。                                                       *エタノール抽出(脂溶性)+熱水抽出(水溶性)含有量多い。
2、日本A社は24時間後も完全に水に溶けている*熱水抽出(水溶性抽出)と考えられる。含有量低い。
3、日本B社は24時間後も完全に水に溶けている*熱水抽出(水溶性抽出)と考えられる。含有量低い。
4、日本C社はほぼ水に溶けているが、僅かに脂溶性成分が沈殿している*濃度の低いエタノール抽出の可能性。 含有量低い。 


 

各社の「紫イぺ(タヒボ)エキス、エタノール99.5%にて攪拌テスト」                (エタノールはドラッグストアで購入可)
*グラスにエタノール30ml、各社の紫イぺ(タヒボ)エキス0.5グラムを入れ攪拌した。
攪拌10分後の状態を撮影した。

1、ナスカルーツ、エタノールに溶けている。沈殿物は熱水抽出の成分。 
2、日本A社、エタノールに溶けていない。 熱水抽出なのでエタノールに溶けない。
3、日本B社、エタノールに溶けず、デキストリンが多量に配合されており、白い濁りがある。
4、日本C社、エタノールに僅かに溶けているが、デキストリンが多量に配合されており、白い濁りがある。
5、見本としてのデキストリン。 白く濁っている。